News新着情報

ストレスによる抜け毛についてご紹介します!

2019.03.08


髪の毛の特徴と回復させるために必要な対策

抜け毛の原因には様々なものがあります。

意識せずに行っている食事も偏れば抜け毛の原因となりますし、

女性の場合は 出産によるホルモンバランスの乱れも抜け毛・薄毛の原因となります。

あらゆる原因の中で、円形脱毛症やびまん性脱毛症に繋がり、

髪の毛や頭皮の状態を大きく悪化させるのがストレスといわれています。

ストレスによる抜け毛は、男性にも女性にも起こります。

現代はストレス社会ですが、 生活習慣を見直すことで、薄毛や抜け毛を改善させましょう。

 

 

ストレスは抜け毛に影響する?

抜け毛を改善していこうと考える前に、ストレスと抜け毛の関係性は絶対に無視することができません。

ストレスが髪の毛や頭皮に与える影響には、非常に大きなものがあります。

仕事や人間関係によってストレスが蓄積していくと、抜け毛や薄毛の症状が悪化する可能性は高まります。

ストレスにより起こる抜け毛のメカニズムを理解するうえでキーワードとなるのは「血行不良」です。

まず脳がストレスを感じると、交感神経が緊張して血管が収縮します。

血管が収縮することによって血流が悪くなり、頭皮や髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。

その結果、栄養不足となり、髪の毛が育たなくなるのです。

またストレスによる睡眠不足は、ホルモンバランスを崩します。

ストレスによって成長ホルモンの分泌に異常が起こり、健全な髪の毛の成長を阻害する可能性があります。

このようにストレスが髪の毛に与える悪影響は、見過ごすことができない大きなものなのです。

 

 

ストレスによる抜け毛の特徴

ストレスによる抜け毛を治療していくためには、原因に適した治療方法を選択する必要があります。

ストレスによって起こる抜け毛の特徴を解説します。

 

◆抜け毛の毛根部分に膨らみがない

自然に発生する抜け毛であれば、十分に成長した髪の毛が抜け落ちていきます。

自然な抜け毛は、毛根が髪の毛よりも少し膨らんでいる状態になっています。それが髪の毛が十分に成長した証なのです。

一方でストレスによる抜け毛は、毛根が充分に成長する前に髪の毛が抜け落ちてしまっているため、

毛根が比較的細い状態で抜けます。

つまり、毛根が成長途中の小さな状態で抜け落ちている場合は、

ストレスにより抜け毛が発生している可能性が高いということです。

 

◆抜け毛の毛根部分が黒い

ストレスにより抜けた毛は、毛根部分が黒いという特徴もあります。

自然な抜け毛が起こった場合の毛根は、すでに色が抜けて白くなっています。

しかしストレスによる抜け毛の場合は、髪の毛が成長途中で抜け落ちるため毛根が黒いままなのです。

毛根の色によっても、ストレスによる抜け毛か否かを見分ける手がかりとなります。

 


岡山県でダメージヘアにお悩みの方は完全マンツーマンの美容室 Loccoへ。


会社名:Locco(ロッコ)

住所:〒708-0814 岡山県津山市東一宮16-6

TEL:0868-32-8720

営業時間:平日:10:00~20:00、土日祝:9:00~19:00 定休日:毎週月曜日、その他不定休

業務内容:美容室

TOPへ戻る